2021年11月17日

おぐら農園収穫祭:ケアビレッジ小倉

2513

2496
ケアビレッジ小倉の花壇にある「おぐら農園」で、ご利用者様と一緒に夏に植えたサツマイモの収穫を行いました!9つ植えた苗から、大小合わせて32個のお芋が採れ大豊作!!採れたお芋はいったん干してからなので、口にするのはまだまだ先…焼き芋?さつま汁?芋ご飯?スイートポテトもいいですね~と話は尽きません(笑)ほんのひと時でしたが、土に触れながら会話も弾み、五感を刺激されました。
土に触れる機会はなかなかありませんが、川崎市公園緑地協会主催の「花と緑のまちづくり講座」に参加したり、幸区で活動している「さいわい花クラブ実行委員会」のメンバーに登録してみるのもいかがでしょうか?
生活支援コーディネーター 髙橋

2513

2497

S__96231431

2021年11月08日

とりかえる これいるか・11月:おぐら支え愛隊

2433

2436
小倉神社の朝市にて、7月より地域の方と一緒にはじめた「とりかえる これいるか」も今回で5回目になりますが、地域の方にも浸透してきたようでとりかえるの人も、これいるかの人も、今までの中で一番多くの方に参加していただくことができました。これいるかの収益も今までの中で一番!!
開催から先月までは商店街に寄付させていただいておりましたが、みんなで話し合った結果、今回は「小倉の駅舎陽だまり」にある赤い羽根共同募金に寄付させていただきました。年内は12月5日が最後となります。ぜひ、遊びに来てくださいね。
生活支援コーディネーター 髙橋

2433

2431

2021年10月22日

旬の野菜10月・カボチャ:おぐら支え愛隊

kabocha

2208

豆知識

◎南瓜の収穫は8月頃になりますが、2~3ヶ月貯蔵することで甘みが増し、栄養価も増えるため旬の時期は10月~1月頃になります。
◎カットかぼちゃを購入する時には
中身が濃いオレンジ色をしている
種がぷっくりと膨らんでいるもの
 を選ぶのがポイントです。

栄養について

~南瓜には美容にいい栄養素がいっぱい!!~
ベータカロテンビタミンCビタミンEだけでなく、身体の余分な塩分を排泄させてむくみを取るカリウムや、スッキリお通じを叶えてくれる食物繊維も豊富に含まれています。ベータカロテンは粘膜や呼吸器系等の保護作用、視力維持にも効果があり、免疫力を高め、抗発ガン作用があるとされています。秋冬に追熟して栄養価が高まった南瓜を食べることで風邪予防に効果が期待できるため、冬至の日に食べるようになったとの説もあります。

マヨネーズを使わないカボチャのサラダ
1953

材料4人分
カボチャ: ¼個
ヨーグルト:大さじ1.5
はちみつ:大さじ1
塩:小さじ1
作り方
1.  カボチャは種を取り水に濡らしてから耐熱皿に乗せ、ふんわりとラップをして電子レンジで7分間チンします。
2.  皮を外してからフォーク等で潰し、ヨーグルト・はちみつ・塩を加えて混ぜます。4等分してラップに包み茶巾絞りを作ります。
3.  皮の部分をよく潰してから、ヘタ.目.鼻のパーツを成形し付けたら完成です♫
※ヨーグルトは入れすぎると成形できなくなるので、加減しながら入れてくださいね。

風邪に負けない体力づくりに、旬野菜を食べて免疫力を高めましょう!
生活支援コーディネーター 髙橋

 

2021年10月22日

青空教室でペーパークラフトに挑戦:おぐら支え愛隊

2177

ご近所さんであるペーパークラフトの先生から、「ケアビレッジさんにはお世話になったから、恩返しがしたい」とのお言葉をいただき、小規模多機能ホーム小倉のテラスを利用して、利用者様を対象とした青空教室を開催しました。みなさん初めてのかご作りで「私にできるかな~?」と口々に仰っていましたが、いざ始めてみると、みなさん夢中になって全行程3回で仕上げるところ、2回で完成してしまいました♪先生も皆さんも流石です!!佐々木先生は小倉の駅舎陽だまりの他に貝塚や南加瀬でもお教室を開いてます。ご興味のある方は、是非お近くのお教室を覗いてみてください。
生活支援コーディネーター 髙橋
2177

S__100352002

2076

2072

2071

2070

2069

2068

2067

2066

2065

2064

2063

2021年09月15日

防災散歩してみませんか?:おぐら支え愛隊

1368

1498
防災週間も終わりましたが、日頃から災害発生時に備えて、飲料水や保存食などの備蓄はされていますか?1人当たり3日分、大規模災害発生に備えるなら1週間分の備蓄があると良いとされています。避難所の場所や、断水時に開設される「災害時応急給水拠点」も予め確認されると、いざという時に慌てずに済みますね。先日は地域の方と一緒に、避難所と災害時応急給水拠点を確認するための防災散歩へ行ってきました。給水拠点の開設に関して水道局に確認したところ、設置までに3日を目途に開設されるとのこと。ただ、地震に強い水道管を使用した既設水栓型の給水拠点では今現在使用されている水道がそのまま使えるため、その場所も確認してきました。

小倉地区避難所MAP
小倉地区避難所
(PDFは画像をクリック)
1368

小倉地区災害時応急給水拠点
小倉地区給水拠点
(PDFは画像をクリック)
1369

1376

散歩の途中で「アマビエ様」が祀られている場所を教えていただき、早速足を運んでみました。舞台やコンサートの大道具を作っている会社が、コロナの終息を願い作られたそうです。そこでは、缶バッジ(3つで200円)が販売されているほか、大・中・小のアマビエ様ステッカーが無料で配布されており、皆さんとありがたくいただいて帰りました。
1486

1511

新たな場所の発見や素敵な出会いもある防災散歩。ご家族やお友達を誘って行ってみてはいかがでしょうか。
生活支援コーディネーター 髙橋

2021年09月14日

捨てないで!大根の葉:おぐら支え愛隊

大根の葉

大根の葉意外と知らない、大根の葉の栄養価
いつもついつい捨ててしまいがちな大根の葉。ここ!実は『緑黄色野菜』に分類されるほど、βカロテン・ビタミンC・ビタミンK、葉酸といったビタミンや、カルシウム、カリウムなどのミネラルを含んでいます。
胃腸の働きを整え、便秘解消・冷えや余分なものを排出して健康や美肌に効果があります。
カルシウムの量も小松菜に匹敵するほどで、最も身近な健康食材でもある「ほうれん草」と比較するとビタミンCが約5,5倍、鉄分は約1,5倍、カルシウムは約5.3倍も含んでいます。
出典:くらしの豆知識

大根葉のふりかけ

ごま油でサッと炒め、醤油と白ごまを和えるだけです。程よい苦味はビールのおつまみにも、ご飯のお供にもピッタリ♪アレンジとしては、ちりめんじゃこを混ぜたり、大根おろしをのせて醤油をたらすのも美味しいです。
お味噌汁に入れたり、菜飯にしても美味しいですね(^^♪捨てないことはエコにも繋がります。美味しく食べて、環境にも優しいレシピです。是非、お試しください。
download

生活支援コーディネーター:髙橋

2021年09月14日

小倉周辺お買い物マップ:おぐら支え愛隊

お買い物マップ

小倉周辺お買い物マップを作成しました!お買い物を通して人と人との繋がりがもて、安心して暮らせるまちづくりに欠かせない「地元の商店」を紹介します。意外と知らない配達やお買い得情報など独自サービスも掲載しております。日々のお買い物にお役立てください。
生活支援コーディネーター:髙橋
お買い物マップ

画像クリックでPDFダウンロード

2021年09月14日

アタマとカラダの健康イベント開催!:おぐら支え愛隊

1351

1351
十分な感染症対策を行いながら、「アタマとカラダの健康イベント」が開催されました。認知症について学びを深め、初めてのタブレット操作に悪戦苦闘した後は、認知症予防体操でアタマと体をほぐし、皆さんと楽しいひと時を過ごしました。
生活支援コーディネーター 髙橋

令和3年度 アタマとカラダの健康イベントについて
川崎市・東京都健康長寿医療センター研究所共同研究モデル事業として今年度もアタマとカラダの健康イベントを開催され、ケアビレッジ東小田とケアビレッジ小倉では会場を提供しております。次回は半年後の2月3日に行います。
20210525081905

2021年09月09日

「とりかえる これいるか」:おぐら支え愛隊

7月4日

8月1日毎月第1日曜日の10時から小倉神社で開催されている「ふれあい朝市」にて、7月より地域の方と一緒にリユースのブースを始めました。
きっかけは地域の方からの相談で、亡くなった奥様の集めていた小物類がたくさんあるが、捨てるのは忍びなく誰かもらってくれないかとの話しから、朝市で出せないかと商店街の方に相談し実現しました。
「とりかえる これいるか」の名前の由来は、花伊正さんのご主人がテレビで香川県直島のリユース施設「かえるといるか」の特集を見た時に「自分達でも何かできないか」と考え、この名前を思いついたそうです。
皆さんのお宅でも、使わなくなったお宝が眠っていませんか?そんな時は、とりかえるこれいるかにお持ちください。そして新たなお宝に出逢えるかも…。
そしてSDGsや3Rについて、一緒に考えてみませんか?
生活支援コーディネーター 髙橋

7月4日
7月の様子
8月
8月の様子
9月5日
9月の様子

2021年08月28日

移動販売 一時休止のお知らせ:おぐら支え愛隊

687

689
コロナウイル感染拡大防止のため、緊急事態宣言中の移動販売を中止いたします。楽しみにされていた地域の皆様にとっては、大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力をお願いいたします。
生活支援コーディネーター 髙橋

687 691 692
7月の野菜販売の様子。
再開して、みなさんとお会いできる日を楽しみにしております。