2021年09月09日

「とりかえる これいるか」:おぐら支え愛隊

7月4日

8月1日毎月第1日曜日の10時から小倉神社で開催されている「ふれあい朝市」にて、7月より地域の方と一緒にリユースのブースを始めました。
きっかけは地域の方からの相談で、亡くなった奥様の集めていた小物類がたくさんあるが、捨てるのは忍びなく誰かもらってくれないかとの話しから、朝市で出せないかと商店街の方に相談し実現しました。
「とりかえる これいるか」の名前の由来は、花伊正さんのご主人がテレビで香川県直島のリユース施設「かえるといるか」の特集を見た時に「自分達でも何かできないか」と考え、この名前を思いついたそうです。
皆さんのお宅でも、使わなくなったお宝が眠っていませんか?そんな時は、とりかえるこれいるかにお持ちください。そして新たなお宝に出逢えるかも…。
そしてSDGsや3Rについて、一緒に考えてみませんか?
生活支援コーディネーター 髙橋
8月
8月の様子
9月5日
9月の様子